葉酸サプリで胎児が喘息

葉酸サプリで胎児が喘息になるって本当なの?

葉酸サプリで胎児が喘息になるって本当なの?
葉酸サプリで胎児が喘息になる・・・こんな怖い話がネット上にはあります

 

妊娠して、葉酸サプリを飲んだほうが良いと先輩ママに教えてもらって
葉酸サプリについて調べていたんだけど
結構、市販されている葉酸サプリって危険な商品が多いんですねー

 

エビデンスは、あるのか?

ちょっとかっこいい言葉を使ってしまいました(笑)
葉酸サプリと喘息についての証拠となるエビデンスはあるのか調べてみると
特定非営利活動法人の医療教育研究所というサイトに載っていました

 

小児喘息増加の原因は母親に?

妊娠中に過剰摂取した葉酸サプリが原因か!?

小児で最も気をつけたい病気の一つに喘息があり、重度の場合には呼吸困難となってチアノーゼを起こしたりするこの小児喘息は、今や年々増加しています。
その理由としては、周囲の社会環境の変化、あるいは子供を含めた我々の生活習慣や食生活の変化など、子供が誕生後にさらされる事象に原因を求めるのが一般的です。

 

と言う感じで、小児喘息は生まれた後の環境が大きく影響しているんだけどって話をした後に
オーストラリアのアデレード大学の研究陣により、アメリカ疫学雑誌に発表されたと言う海外の研究成果についても記載がありました

妊娠後期(16週〜30週)に入っても葉酸サプリを摂取し続けた女性で、生まれた子どもがぜんそくを発症する確率が約30%高くなることがわかった。
一方で、葉酸サプリを妊娠前から摂取し、妊娠から数週間でやめた女性では、子どものぜんそく発症リスクが高まることはなかった。

 

妊娠初期の段階で葉酸サプリの摂取をやめた女性の子供は、発症リスクが高まることは無かったみたいです
葉酸をサプリで摂取するのは、妊娠前から妊娠初期と日本でも厚生労働省が推奨していますので
ずっと飲み続けるのは、害があるのかもしれませんね
ただ、葉酸サプリでも、100%天然原料の商品もあるので
そのような商品を選べば、食事から摂取しているのと代わりがないので安心ですね

 

サプリメントとして摂取するさいの、食品添加物が影響とも言われています。
特に高齢出産の場合には、摂取栄養には気をつけましょう
40代以上におすすめの葉酸サプリランキング

気をつけるのは葉酸サプリだけじゃない

葉酸サプリで胎児が喘息になるって本当なの?

クラクラしちゃう話ですが
そうなんです、つまり葉酸サプリを飲むのを控えるのが大切なんじゃなくて、添加物の入った科学的な食品を口にする事が一番悪影響になるというわけです。
現在の食生活で、添加物が入っていない食品だけを食べるのは非常に難しいですよね
もちろん、妊娠をきっかけに食べるものに気を使う女性は多いのは、本能的に胎児の健康を考えての行動になるんでしょうかね?

 

無農薬野菜、有機野菜、オーガニック食品などの情報をついつい検索してしまっているなんて事はないですか?
水も水道水じゃ不安だからとウォーターサーバーを導入したりと

 

私も色々考えて、らでぃっしゅぼーやという野菜宅配を利用したり、妊娠中から安くなるプランのあるアクアクララのベビアクアと言うプランでウォーターサーバーを導入したりと、心配しすぎだよとまわりに言われるくらいですが、やっぱり生まれてくる赤ちゃんの事を考えたら、自分ができる事は全てやっておかないと後悔しちゃうと思ったので頑張っています!


 

妊娠している間は大変太りやすくなります

妊娠している間は大変太りやすくなります。この前、二人きり最後の記念に旅行し、思いっきり楽しみ、ご馳走もいっぱい食べました。

 

 

 

旅行から戻ると、出発前より3キロも増えていました。2日でここまで太ったのは人生初かもしれません。妊娠していないときは、多少食べ過ぎても翌日セーブしたらすぐに元に戻ったのですが、妊娠中はそういうわけにはいきません。

 

ご飯を食べなくても痩せないのです。

 

必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。
妊娠中に心掛けたい事は、食べ物や栄養に気をつけることです。自分で栄養を摂取することができない赤ちゃんは母親から栄養をとるので、気をつけなければいけません。

 

 

 

カフェインは絶対にダメです。カフェイン飲料であるコーヒー、ウーロン茶、紅茶などは控え、お酒やタバコも控えましょう。

 

また、カップラーメンなど簡単にできるようなインスタントは塩分が多かったりするので控えてください。食べ物は家庭的なものにすることが大切です。みかんやイチゴなどのビタミン豊富なフルーツを食べるのもいいですよ。

 

 

妊婦の時はスローライフを心がける方が良いと思います。

 

 

 

妊娠したての頃は診察でお腹のハリと教えられてもピンとはこないと思いますが、なにはともあれ負担をかけないことです。

 

 

 

心理的には妊娠する前のままなので、これはなんともないとかさまざまなすることがあって忙しいと気持ちが急ぎがちですが、労力をかけすぎると切迫流産で入院につながりかねません。少しでも疲労を覚えたら、じっと休憩することが一番良いですね。落ち着いたスローライフもリラックスした気持ちになれて素晴らしいと思います。チェッカーに縦線が出てきた時は本当にうれしかったです、が!!辛いつわりが1週間後には出始め、毎日毎日トイレと布団の往復でその間会社は休ませてもらうも、何も食べられない日々でした。
1ヶ月もしない期間でしたが、連日辛くて参っていました。
落ち着いた後は赤ちゃんのために葉酸サプリを進んで摂ったり、妊娠線防止でクリームを塗ったり分娩の時に会陰を切られてしまうことに恐怖心もありましたがお腹のベビーとの十月十日は楽しい日々でした。
妊婦生活で一番大切なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。

 

 

 

でもつわりで気分がブルーになったり、体が思うように動かずイライラしてしまいがちです。そんな嫌な気持ちをあげるために、美味しいものを食べに出かけたり、赤ちゃんの物を見にショッピングに行ったり、天気の良い日はお散歩に出たりするなど体が負担を感じない程度に外出してリフレッシュすることが大切です。出産は2回経験しました。

 

 

1人目も2人目もつわりがすぐに現れたので、妊娠を確定できる時期より早くに妊娠しているとわかりました。それならきっと1人目も2人目も妊娠中は大差ないだろうとタカをくくっていたら大間違いでした。1人目のつわりは重くて食事も食べれない日が続きました。二回目は最初の1ヶ月間だけでつわりが終わり、落ち着いた生活でしたら切迫流産、切迫早産になり短期ですが入院もありました。

 

 

 

妊娠はその時々で変わるものなので、身体の異変には十分気を付けて妊娠生活を過ごしてください。
切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、何より体を冷やさない、という事でした。
例え夏でもいつも靴下を履き、足首を触って冷たければレッグウォーマーも履いていました。当然、素足にサンダルは厳禁です。冬には腰にカイロ、足先にもカイロを入れていました。

 

暑さで冷たいドリンクを欲しくなっても冷えていないものや暖かいものを飲むことを心がけていました。マタニティーママの多くは妊娠しても体力もあり元気だと思っていても体の疲れは溜まりやすいものです。

 

私の場合は、たいしたトラブルは起きなかったのでつわりも落ち着いて安定してきた妊娠中期からは旅行へ出かけることも多々ありましたが、妊娠前とは違いました。

 

 

 

妊娠前と同じように歩き続けているとお腹が張ってしまうため、ゆっくり休みながらいつもよりのんびりめに過ごしました。

 

また、旅行をする前に医師に相談すると旅行自体は問題ないが日帰りではなく1泊でも宿泊の方が良いとのことでした。

 

妊娠はとても素晴らしいことだと思います。

 

 

愛する二人の間に赤ちゃんができたということは何より喜ばしいことだと思います。

 

妊婦健診ではエコー検査をしますよね。

 

 

 

赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、赤ちゃんが男女どちらかを知ることもできます。赤ちゃんがどちらの性別か気になる人も多いと思います。望んでいた性別と違っても、肩を落とさないでくださいね。

 

産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。
妊娠8ヶ月目以降になるとますます大きなお腹になり、小さなことでもお腹の張りにつながってしまう事が増えます。

 

1時間に2.3回、痛みのない不規則な張りの場合はこの時期特有のもので心配いらないものです。

 

 

 

しかしこれが規則正しく張ってくる様子の時は注意深く経過を観察するようにして下さい。

 

 

 

張るだけで痛みはない場合でも、何度も規則的に続くようであれば陣痛に繋がる危険な張りかもしれません。妊娠後期とはいえ、赤ちゃんはまだ外で生きるには未熟な時期なので、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へ連絡、行くようにしましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る