妊娠中の化粧品について

妊娠中の化粧品について

私のケースですが、妊娠している時には特に肌質に変化などなかったため、スキンケアはいつも通りに行っていました。

 

ところが、出産をしてからは赤ちゃんの事で手一杯だったり、夜間の授乳もあり寝不足が続きスキンケアにまでエネルギーを使えないことが増えてしまったので、パパッとお手入れを終わりにできるオールインワンタイプが手放せなくなりました。

 

また、片手間に家事もできるマスクシートも活用する事が多くなりました。スキンケアで気をつけたい習慣として入浴があります。
入浴は美容のためになりますが、入浴の仕方で乾燥肌になっていることがあります。

 

 

 

入浴で乾燥肌を防ぐためのポイントは@熱いお湯と長時間の入浴は避けるお風呂やシャワーの温度38〜39度で浴槽に20分以上はつからない2・体を洗うときは優しくこすること。

 

 

 

良く泡立てた石鹸を手の平でなでる様に洗うこと。3.入浴後には素早く保湿する。お風呂上りは肌の表面から水分がどんどんと蒸発します。早めに保湿ケアを。
お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。正しい顔の洗い方を習得してこそ、美肌への近道になります。

 

 

 

洗顔を水で顔を擦るように洗うのを想像するかもしれませんが、これはやってはいけない洗顔方法です。

 

 

しっかりと泡立った洗顔料で顔を洗うことこそ、洗顔なのです。顔を手で直接ゴシゴシ洗うのではなく、モコモコの泡を顔に転がすようにして行うと美肌に近づく真の洗顔ができるのです。

 

 

 

洗顔後、すぐに化粧水や乳液、美容液などを使ってしっかりと保湿するようにしましょう。
私の肌は敏感肌でシミに悩まされることも多く、紫外線を吸収してしまうのか肌は地黒で、美白は諦めていました。サエルはそんな人のためのものだと思います。含まれている3つの植物エキスが肌を生き生きとさせ、シミの元になるメラニンが過剰に作られるのを防ぎ、さらには黒くなってしまったメラニンを白い状態に還元してくれるとっておきの化粧品です。そのおかげで、シミもくすみもない透明感あふれる美肌を手に入れました。お値段はというとちょっと高めなのですが、でもそれ以上の価値が絶対にある品物だと思います。私も使ってすぐに気に入ってしまいました。

 

 

肌の乾燥が気にしている人は化粧水や乳液を沢山つけてしまいます。
化粧をしてもらった時、メイクのプロの方に乾燥肌の場合はメイクを落とすところから変えたほうがいいとアドバイスもらいました。乾燥肌の人は化粧落としをミルクタイプなどにすることです。逆にNGなのはシート状のメイク落としで、おすすめしません。
ミルクタイプのクレンジングを使えば肌の乾燥を改善してみましょう。最近フェイスラインを中心に何度も繰り返しニキビができてしまうことに悩んでいて、朝の洗顔は水で流すだけにして化粧水で肌を整え、外出時はニキビ悪化の原因とされる日焼けに気をつけて、化粧品は必ず日焼け止め化粧品と日焼け止めも入っているBBクリームを併用して紫外線対策を行い、家に帰るとまずメイク落としできちんとメイクオフし、入浴は半身浴にして多く発汗するようにして、入浴後は髪をドライヤーで乾かす前に、化粧水をたっぷりと使ってコットンパックを行ってから乳液で潤いを逃さないようにして、肌荒れや乾燥の予防をしています。肌の乾燥が酷くなるとガサガサするし洗顔の後や寝起きにはヒリヒリ痛み嫌ですよね。
乾燥肌が間違いなく必要とするのは保湿です。
食事では野菜や果物を積極的に取り入れてビタミンやミネラルといった栄養を補い、水分もたくさん摂るようにしましょう。さらに洗顔後につける化粧水の後にはその潤いを逃がさないように乳液、美容液を必ず使用して下さい。カラダの中から、そして外からも栄養と潤いを乾燥肌に与えてやることが大切です。歳を一つとるごとに顔に現れるたるみ、しわ、ほうれい線…嫌ですよね。少しずつ、でも確実に老け込んでいく顔を鏡で見るのは辛いですよね。化粧品はエイジングケアに特化したものを使うようにしていますが、それではまだ効き目が足りないように感じるので恥ずかしいですが表情筋を鍛える顔体操をしています。

 

 

 

一人っきりのバスタイムにいつもは使用していない筋肉も動くように様々な表情で筋肉を鍛えたり、マッサージでほぐしたりしています。

 

始める以前と比べるとキュッと顔が引き締まった気がしますし、ほうれい線が薄くなってきたのを感じています。妊娠直後から、普段使用してきたコスメが肌に合わなくなり敏感肌になりました。

 

 

 

衣類が肌と接触するとチクチクとした痒みを感じたり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。そこで肌をいたわる目的から無添加のケア用品に変えました。
体の痒みはというと、出産後には全く出なくなりました。顔や肌の乾燥も元どおりになって欲しかったのですが、それは叶いませんでした。

 

 

出産直後から育児に追われて体力的にも時間的にも余裕がなく、出産前と同じように自分の肌と向き合う時間を確保することができず、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。

 

加齢とともにほうれい線やシワ、シミなどが目立つようになり嫌ですよね。肌トラブルが老化に伴うものであればエイジングケアに対応した化粧品でスキンケアをすれば、肌年齢の進行を抑えるために必要だと思います。

 

 

 

ですが、20代などから早めに対策しようとして、化粧水などをエイジングケア対策コスメにしたとしても、肌に余分な栄養を与えてしまい逆効果でしかありません。

 

 

 

ですから、若いうちから使えばいい!ということではなく、年相応の年齢肌に対してエイジングケアをしていく方が肌にとって良いことだと認識し、健やかな肌を目指しましょう。


このページの先頭へ戻る